ベンチャー企業を立ち上げてアメリカンドリームを実現するには?

アメリカンドリームを実現したベンチャー企業

ベンチャー企業が世の中に知られるようになり、多くの人がその起業を目指すようになったきっかけとして大きいのは情報技術の業界の隆盛です。アメリカの西海岸にあるシリコンバレーと呼ばれる地域を中心として個人が立ち上げたような小企業が革新的な発明を次々に生み出して世の中に広めたことにより、アメリカンドリームが達成されてきました。そのため、同じことに期待を膨らませてベンチャー企業の立ち上げを目指す人が増えているのです。

発想による革命を起こせるのがベンチャー企業の舞台

時代的背景からベンチャー企業というと情報技術の業界に特化したものと捉えられてしまいがちですが、そうとは限りません。医薬品を中心とした多様な商品開発の分野においてベンチャー企業の大小の成功が見られるようになってきています。ベンチャー企業として大事なものは発想力と応用の可能性の高さであり、開発されたものが特許を取れるようなものであれば、その開発によって大成できる可能性が見いだせます。発想で革命を起こせる業界なら全てが舞台なのです。

個人が活躍できる舞台への制限

どんな業界でもベンチャー企業が活躍する舞台となるとはいえ、個人が起業して大成していくためには一つの制限があります。それは一つ目のヒットを当てるまでに使える予算です。個人で集められる資金には限界があり、協力な投資家が味方につかない限りは開発のためにかけられる投資額は高が知れたものになってしまいます。そういった観点から、少ない投資で大きな成果を上げられる可能性が高い情報技術の業界はやはりアメリカンドリームを狙う上ではうってつけの舞台なのです。

ベンチャー企業は、完全な実力主義という企業が殆どなので、ベンチャーの転職なら実力を発揮して仕事に打ち込むことができます。